管理職だより

校長

平成29年度 給食参観試食会に参加して

 

 6月19日(月)に平成29年度 保護者様対象の給食参観試食会が行われました。今回は、25名の参加者がありました。

 今日のメニューは、胚芽パン・クリームチーズ・チリコンカン・サラダ・牛乳です。私が小学生の頃に食べていた給食の献立は、食パンがほとんど(たまに揚げパンもありましたが)で、月1度、カレーライスだったような気がします。

 本校の6月の献立を見ただけでも、パンが6回、麺類が4回、ごはんが11回とバラエティに富んでいます。 特に、麺類ではスパゲティナポリタン、和風きのこスパゲティ、あんかけかたやきそば、アスパラガスと桜海老のスパゲティ等、さまざまです。 ごはんでも、白ごはんもあれば、豚丼、夏野菜と豚肉のみそ炒め丼、ゆかりごはん、バターライスのホワイトソースかけごはん等となっています。

 高等部B部門や職員は1食350円徴収させていただいていますが、限りある予算内で、学校栄養職員をはじめ、給食の調理を担当する職員みんなが、安全安心な食品を使って、栄養バランスも考慮しながら作っています。

 ホームページの給食にアクセス願います。写真でメニューをアップしております。ぜひ、御覧ください。

 

平成29年6月20日

校長 内田 勝久

 


 

           本校・瀬谷西分教室 学校見学会について

 6月に入り、本校・瀬谷西分教室でそれぞれ二回ずつ、「学校見学会」が開かれました。 まずは、多くの生徒・保護者の皆さまに来校いただき、感謝申し上げます。「学校見学会」に際し、校長から申し上げたことを次の通り整理しました。

1 障害のある児童生徒数が年々増えています。この10年間では、特別支援学校では1.5倍、特別支援学級では約2倍となっています。

2 県立の特別支援学校については、平成28年4月にえびな支援学校が開校し、28校となりました。平成32年には、横浜市青葉区に新校の開校が予定されています。また、平成33年には、小田原養護学校の湯河原・真鶴分教室が開校予定です。

3 県立高校改革の中で、インクルーシブ教育実践推進校(いわゆるパイロット校)3校が示され、今年度から知的障害のある生徒が高等学校に通学しています。

4 来年度の知的障害教育部門の高等部入学者選抜については、県教育委員会のホームページに情報がアップされております。ぜひ、ご覧ください。

5 昨年度は、前期選抜・後期選抜とも複数の学校で「抽選」が実施されました。来年度については、県内の 特別支援学校と中学校とで丁寧な情報共有・交換を行う等、すすめていきます。

6 「学校見学会」につきましても、県教育委員会のページにアップされていますので、ぜひ、ご確認の上、さまざまな学校を見学いただきますようお願いします。生徒さんと保護者の皆さまとで、よく話し合っていただき、不本意で入学することがないようにお願いします。

 

                         平成29年6月16日

                         校 長 内田 勝久

 


 

学校長あいさつ

神奈川県立三ツ境養護学校のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。昨年度、本校に着任し、今年度二年目を 迎えます。 

 本校は、昭和46年に設置された県内でも屈指の歴史と伝統のある特別支援学校の一つです。昭和47年4月1にちに高等部が、昭和62年4月には高等部に知的障害教育部門が設置されました。平成21年4月1日には、県立瀬谷西高等学校に分教室が設置されています。 

 さて、平成29年度は本校・瀬谷西分教室合わせて76名の新入生を迎え、総勢224名の児童生徒たちが学校生活を送ることになりました。 学校目標の一つでもある「安全安心な教育環境の整備」を意識しながら、子どもたちの個々にあった教育環境づくりを行い、子どもたちや保護者の皆さまが、通わせて良かったと思える学校となるよう、丁寧に学校経営を進めてまいります。 

 ホームページは今年度も一新し、多くの方に見て頂き、学校発信力を高めていきたいと考えています。保護者の皆さま、地域の皆さま、関係機関の皆さまに協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。


                                      平成29年4月5日

                                      校長 内田 勝久

副校長

教頭

準備中